113-1342_jpg

近況報告 -airbnb可能物件紹介に関してはLINEにお願いします-

こんにちは。
かなりブログの更新が途絶えていましたね。

 

たくさんの問合せありがとうございます。
中々返信できず申し訳なく思っております。

 

思っていた以上に問合せが多いので私のLINEに直接連絡いただければ、
紹介専用のグループに追加いたします。

 

ただ、最低限自己紹介などはお願いしますね。
あまりにも失礼な人はスルーしますので宜しくお願い致します。
LINE ID kazuvegas

 

 

近況報告

前回の記事では、airbnb可能物件を取るために様々ところへ営業をかけてきました。

 

恐らくそんな物件どこにあるんだ?

 

と思われる方もいらっしゃると思いますが、あるとこにはあるんですよ。面白い事に。

 

 

よく思いつくのは、アパマンショップ、賃貸住宅サービス、などの仲介の大手かと思います。

 

決して悪い選択ではありませんが、彼らも看板背負って商売しているわけですから、
中々リスクを取ろうとはしません。

 

もっと言えば不動産仲介の立場は決して強くありませんし、
彼らがairbnbをしているわけではありません。

 

客A「airbnbできる不動産ありますか?」
賃貸業者A「何ですかそれは?」
客A「外国人旅行者にホテル代わりに貸し出すんです。」
賃貸業者A「それは転貸にあたるので賃貸契約に違反する恐れがあります。」
客A「それも承知できているんです。大家さんに聞いてもらえませんか?」
賃貸業者A 「(面倒くさいなぁ)わかりました、管理会社に問い合わせてみます。」

 

「もしもし、airbnbっていう外国人に~」
管理会社A「最近、よく問合せあるんだけどもうやめてよ、そういうの」
賃貸業者A「わかりました。今後ともよろしくお願いいたします。」

 

賃貸業者A「お客様、やはり大家様も転貸に関してはだめといういう結論でございました。」

 

 

まぁ、これが一般的な流れでしょう。
最近問合せが多すぎて、airbnbの許可をうたい文句に営業している業者さんもいらっしゃいますが、たいていは初期費用やお家賃が相場よりかなり高くなっているケースが見受けられます。
まぁ、それでも全員収益が出るので、悪くはないんですけどね。

 

 

じゃあ私はどこに営業行っているかというと・・・・・

 

・管理会社
・大家さんに直接
・弊社主催のセミナーでairbnbの理解を深めてもらう
・大家さんとお付き合いのありそうな業者

私自身も今数十件の物件でairbnbに関わっていますので
そういった経験もお話しさせていただく中で許可をとっていっています。

 

ですから、
私も礼儀正しい方じゃないと紹介できないというわけです。

またこの話しは次回かまたその次か・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>