self3

自己紹介|現在3アカウントでスーパーホスト認定済

僕は管理している3アカウント全てでスーパーホスト認定を受けいます。(2015年5月現在)

スーパーホストは上位11%の優秀なホストに与えられた称号

日本でairbnbでスーパーホストの比率わずか11%だそうです。(airbnbの公式発表。2015年4月)

 

単純計算で、管理物件が3つともスーパーホストである確率は11%の3乗ですので全ホスト中0.12%。

つまりホストが1000人いたら1番目か2番目の人しかとれない実績を出しているということです。

 

えーそうです、ただの自慢です。

 

1) メインアカウント

 

self1

 

2) サブアカウントA

self3

 

3) サブアカウントB

self2
私は今までに40ヶ国以上を旅し、旅費も1000万円以上は使っていると思います。詳しくは計算していませんが。

 

バックパッカーの貧乏旅行だけでなく、現地の人との触れ合いや、ビジネスクラスに乗って有名ホテルのスイートに宿泊するような旅行もしたことがあります。
幅広く旅行者の気持ちは理解できるのが自分の強みだと思います。

 

 

ゲストが旅行に求めてくるものって一体なんでしょうか?

旅行者が日本で一体何を求めているのか?

  • ただのオーソドックスな観光(テーマパークや買い物も含む)
  • 貧乏旅行
  • 現地で友達を作る
  • 現地で出会う日本人
  • ラグジュアリーな空間で非日常を味わう
  • 現地の美味しいものを食べる

 

残念ながら十人十色で一つではありません。
そしてそれはそれぞれのメンバー構成・旅行パターンに応じて大きく変わってきます。

 

 

当然のことながら宿泊も旅先での思い出作りに非常に大きなウェイトを占めてきます。

 

  • どういった立地が好まれるのか?
  • どのような情報が欲しいのか?
  • どんな備品が欲しいのか?

 

それらを出身国に応じて必要なものを提供できるのもまた僕の強みだとは思います。

 

「宿泊を提供するだけだけでなく、かゆい所に手が届くサービスが出来る」

 

これがairbnbの神髄だと考えています。

 

ぜひ、airbnb一緒に盛り上げていきましょう。

 

 

自己紹介

 

 

氏名 岸本和也
出身・生年月日 兵庫県出身 1983年生
趣味 スポーツ・カメラ・旅
経歴 高校生の時に初めて海外に行き、機内で英語が通じたことに感動し英語の勉強を始める。国際関係の大学を目指すも受験に失敗し、第二志望に入るも1年目で立命館大学中退。20歳より化粧品会社の代理店・WEB制作・ウェブショップ運営など様々な事業をスタートして13年目。現在は3つのアカウントでairbnbのスーパーホスト認定。

現在は大家様と管理会社様に転貸の特約頂いた物件の運営と運営代行で約50件(2,015年11月現在)

2011年に車でアメリカ横断

2013年 バックパッカーとして世界一周中にゲストとしてairbnbを利用。

帰国後すぐにホストして登録し現在にいたる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>